邪道資本主義が地球を破滅させる

グローバルスタンダードなどといいながら、アメリカが何をやらかしても被害を蒙るのは全世界の国々である。このところアメリカのサブプライムローンに発した金融不安、原油と穀物の高騰などお金、エネルギー、食料の危機が世界中で同時進行している。このすべてがアメリカ市場で発生したものだ。そのために世界中がどれだけ迷惑していることか。すべてが投機が原因である。G8などが集まっても何も手が打てないとは何故なのだろうか。せめて食料とエネルギー原料などには投機を規制すべきではないか。アメリカ人の金儲けののための悪知恵は無限でしかも無情である。貧しい国の人達が飢餓状態になろうがお構い無しである。一昔前は西欧の先進国が未開国を植民地にし、したい放題のことをしてきた。現在はドルをどんどん増刷して日本、中国、産油国などアメリカ国債を買わせている。そのために今のようなことが起きているのである。マルクスの資本論やマルサスの人口論は当時は評価されなかったが、今にして思えばそのとおりになりつつあるのではなかろうか。そんな気がしてならない。CO2による地球温暖化が問題になっているが、それよりも先に大気汚染、水汚染、行き過ぎた資本主義汚染で地球は破滅するような気がする。孫達の顔を見るたびに心配になるこの頃である。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック