日本にすり寄る中国

米中貿易戦争が拡大する中、困り切った中国があられもなく日本にすり寄り出した。過去にあれだけ反日を煽り、日本にはレアアースをやらないなどと経済的に日本を困らせてやろうと前温家宝首相の憎たらしい顔を思い出す。アメリカや日本から技術的にも経済的にも多くの援助を受けながら自分たちが名目上経済大国第2位となるや横暴を振り回し近隣諸国の迷惑も何構わず自分勝手にし放題。太平洋は自分のものとばかり国際法も無視。ところが、最近反日の慰安婦キャンペーンを上海大学が企画していたが、習近平の一声で日本を刺激するからと言って中止させたのである。まことにわかりやすい行動である。これが独裁国家のやることなのだ。ならば日本は総理をはじめ国会議員みんなで靖国神社に参拝するかと思えば、大臣誰一人参拝しなかった。日本の遠慮外交の馬鹿馬鹿しいことか。
相手にばかり気を使っていては先方の思う壺ではないか。この際中国をつけあがらせないための工夫をどうすべきかよく考えるべきである。尖閣諸島を我が物顔で侵入する行為、技術を平気で盗む行為、商標を平気で侵す行為などなどはっきりと釘をさすべきだ。WTOに加入しながらやりたい放題、国際条約を紙くずと言った無法行為。アメリカが怒っていることとほぼ同様である。なんでも仲良くしたいという理由で妥協してはならないことを明確にすべきある。安倍総理はこんなことは承知で中国を訪問するのであろうことを期待するものである。なお、今までずっと続いてきたお人好し外交をそろそろ断ち切らなければならないのではないか。そのためには早急に是非ともインテリジェンスを構築しなければならない。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック