日本の対中国政策はどうあるべきか

安倍総理は今月中国を訪問する予定だ。何しに行くのだろうかよく分からない。先日、日中関係を改善したいと李克強氏が来日し、安倍総理も非常に良好な関係になったというようなことを言っていた。しかし、その後も相変わらず尖閣諸島付近に侵入したり、日本領海内に無断でブイを設置するなど違法行為をやめていない。慰安婦問抗議に関しては習近平の鶴の一声で取りやめなったが、そんなことで日中関係が改善したなどと云うのは全くおかしな話ではないか。今までレアアースを日本にはやらない、尖閣諸島への侵入、反日無罪など破壊行為など許せない行動を散々やっていながらアメリカとの貿易問題、知的財産問題などで米中間関係が悪化すると、手のひらを返したように日本と仲良くしたいという。尖閣諸島や、沖縄までも中国のものだとばかり、許せない行動を何故政府は放置しておくのか。ハーグ国際裁判所に何故提訴しないのか。こんな時にも政府は靖国神社参拝を遠慮するなど理解できにくい。日本の正当性をなぜ公然と主張しないのか。仲良くしたいなら日本の言い分を認めさせるべき行為を取らないのか。相手に遠慮しての仲直りでは意味がない。問題解決どころかその時だけの仲直り面をするだけで真の解決には決してならない。
 アメリカのペンス副大統領が中国と全面対決姿勢をとる宣言をした。このことは日本にとっても望ましい宣言である。安倍総理はこの板挟みのような問題をどうする気なのか。また一帯一路については初めから中国の魂胆は分かっているのに、また被害を被った発展途上国が政策編変更しているのに、あるいは西欧諸国も離れつつあるなか何故日本は今更一帯一路に協力しようというのか全く理解できない。中国寄りの二階幹事長が勝手に発言したのではないのか。それにしても自民党内でおかしなことが起きているような気がしてならない。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック