中国とのスワップ協定は解消すべき

 今回の安倍総理の中国訪問、協力の約束について納得しがたいことが多い。この件に関し同様な意見が数多くみられる。何も私に限ったことではないことは明確だ。少し前に石平氏が日本は中国に協力するだけで日本がうるものはほとんどないと評論していた。今日の産経新聞には「日本はアメリカに弓を引いたのか」という見出しで西尾幹二氏が全く同様な見解を「正論」で述べている。
 安倍総理が訪中して約束したスワップ協定は中国に利するだけで、日本の利益のはならないどころかアメリカの政策に反する行為である。日本の対アメリカの関係はおかしくならないのかと危惧する。尖閣諸島、東シナ海の共同開発、南シナ海問題に関し、まともに日本の要求に応じていない。なのに今更一帯一路に何んで協力するのか日本と同じ価値観の欧米諸国には理解しがたいだろう。中国は北朝鮮の拉致問題に協力するとは言っているもののリップサービス以外の何物でもなく全く期待できない空手形だろう。特にトランプ大統領と安倍総理は前例のないくらい親密であるはずなのに何故この大事な時に反する行為をしたのだろう。今日本はアメリカと協力して中国の覇権を食い止めるべきなのに。中国はアメリカとの関係が悪くなったので急遽日本に接近したことは明らかだし、日本の技術を盗みかつ日本に向けた武器開発に利用されることも明らかだろう。日本の企業や銀行がそんなことを望んでいるのだろうか。もしそうだとすればまだ懲りないのかと馬鹿らしくなってしまう。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック