離合集散する問題議員を落選させよう!

国会議員の野党の連中は一体どのような国家を築きたいとの信念を持って議員をやっているのだろうか。もともと考えもかなり異なった人間が旧民主党を形成していた。小池氏が浅はかにもこの連中を引き連れて自民党を裏切り自分が希望の党の党首として自民党と対抗しようなどと企んだ。鳩山、菅、野田党首後国民からは信用されず低迷を続ける中、ほとんどの民主党の連中は勝ち馬に乗ろうと希望の党と言う名前だけの党名に期待し、信念も投げ打って合流しようとした。先に脱党していた細野氏、長嶋氏などはそうはさせまいといわゆる踏み絵を踏ませることになった。これに反発したのが枝野氏でこの時とばかり立憲民主党なるわけのわからない党を立ち上げ、自ら党首になり図らずも野党第一党となってしまった。再び離合集散することなった。その立憲民主党は共産党に劣らず党首の独裁で、自分たちはどうのような国の形を考えているのかさっぱりわからない。ただただ党首が威張り散らすばかりでいつまでたっても、安倍政権のうちは憲法改正反対と云うのみである。立憲民主党というからには自分たちが考える憲法を立案したらいいではないか。できもしないのである。だから反対するのみ。森友、加計問題に明け暮れ、今回は厚労省の統計問題でまたまた無意味な議論が続くことだろう。生産的なことで議論のできない野党。こんな国会議員を持った国民は不幸である。
 最近では、野党同士が統一会派はできそうにないので、今度は自分が野党第一党になるためにとあの壊し屋の小沢一郎を迎え入れての合流である。政権担当能力のない野党はせめて野党の権力を握りたいだけなのか。そのためには主義、主張も異なる人間とわかっていて野合するのだ。この人たちにまともな政権が取れる筈もないし、何がやりたいのかさっぱり解らない。国民からの理解が得られる筈もない。小沢一郎を例にとれば、自民党、新生党、新進党、自由党、民主党、国民の生活が第一、日本の未来の党、生活の党、生活の党と山本太郎となかまたち、再び自由党、そして今回国民民主党である。12回も党を作ったり壊したりの大馬鹿ものである。こんな人間を国民はなぜ当選させるのだろうか。国民自体に大いに責任がある。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック