CP+2019とボケ味テスト

2月28日から3月3日までパシフィコ横浜でCP+2019(camera&photo)が開催された。
ソニー専属のプロカメラマンたちのスペッシャルセミナーがあり二日間参加した。このセミナーはソニーの最新の技術によるカメラの本体の機能とレンズの組み合わせでプロカメラマンが実際に撮影した作品を超特大のディスプレーに再生しながら解説する講座であった。宣伝目的は当然だがTVでおなじみの鉄道写真家の中井精也氏の鉄旅写真、エアリーフォトの山本まりこの極夜のフィンランド-30度での極寒の風景写真、沼澤茂美氏の星空風景、並木隆氏の花の世界など、撮影時間、構図、撮影条件など大いに刺激されたし、参考になった。
 ソニーの最新のレンズ設計についての考え方は解像力の精度アップとボケ味を両立させF値の明るいレンズを目指していることもあり、どうしてもかなり価格が高くなってしまう。今自分が所有しているSEL1635Zeiss, SEL2470Zeiss, SEL70200GOSS, SEL90mmGMacroに比べて同種のレンズで2倍くらい高いのでとても手が出せそうにない。レンズ研磨の精度は0.01ミクロンだそうだ。
 今まで風景写真などはパンフォーカスの写真が多くf値を8~くらいに絞って撮影することが多かったが、今回の写真紹介を見ると、長焦点レンズでも2.8などと解放絞りで撮っているのが多かった。特に花の撮影は一つの主題以外はぼかしてしまう。SEL100mmSTFGマスターというレンズは素晴らしいボケ味だ。一般にパンフォーカス以外は解放で撮るという考え方に変わっている。自分の持っている90mmMacroGOSSのボケ味はどの程度かあらためて確かめるためにF2.8で撮影して試撮影してみた。三脚を使わず手持ち撮影なので多少のブレがあるかもしれない。
 ボケ味という概念は日本特有のものらしく欧米では解像度が主体らしい。二重ボケと言ってガチャガチャした感じがなく綺麗なほんのりとした丸ボケが良いとされている。
 なお、ソニーのミラーレスカメラは電子ビューファインダーなので一般の一眼レフと違ってファインダーに見える像は焦点深度はもちろん、ボケ味まで確認しながら撮影できるところが素晴らしい。

カメラ: ILCE α7M3
レンズ: SEL2.8 90mm Macro G OSS  写真は全て開放絞り2.8で撮影

画像


近くの白梅に焦点を合わせる  遠くの白梅、紅梅と空間のボケが丸ボケになっている

画像


白梅と違う枝の白梅のボケ方

画像


遠くに紅梅のボケ味  綺麗な丸ボケ

画像


背景は山茶花の葉

画像


クンシラン   背景の中で丸い黄色のボケは夏みかん。その他の葉っぱなどは薄緑に全体ボケ

画像


シクラメン  背景はクンシランの葉

ほぼ柔らかい丸ボケになっているのでこのレンズはOK. 別の機会にSEL70200G OSSについてテストしよう。
なお、以前根本海岸で太陽に向かっての逆光撮影で全くフレアー、ゴーストが写っていない。ZeissのT*レンズ、ソニーのGレンズ以上はナノコーティングを施すことで改善してある。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック