立憲民主党の支持者激減

今回の選挙の結果で立憲民主党の当選者は地方区では伸ばしたものの比例代表の得票数が約30%減となった。この意味は大きい。地方区に関しては限られた候補者間での戦いなので全国民がどう思っているかは分からない。しかし比例での得票数がこれだけ減ったということは明らかに国民の3割が愛想を尽かした証拠そのものなのだ。サボタージュ、何でも反対、立案ゼロでしかも排他的で自分一人がお山の大将面の枝野党首の態度をみていたら誰が支持するものか。そのことが分からない本人はやはり裸の王様なのだ。立憲民主党ができる前、小池新党の希望の党に旧民主党のすべてのひとが雪崩込んだ。そのとき確か希望の党は憲法改正に賛成することが条件だったはずである。ところがいろいろ踏み絵を踏まされた途端立憲民主党なるも党を立ち上げて何が何でも改憲反対を叫ぶのでははじめから矛盾する。
 こんな連中が野党第一党名のだら始末が悪い。またそれを追い越そうとした国民民主党の小沢との合併はさらに馬鹿げている。どちらも票を減らしたのがせめてもの救いだったように思う。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント