恩田陸 「錆びた太陽」

日本の捕鯨に反対しているシーシェパードが捕鯨船を襲ったことは事実であり海賊行為であり、テロ行為である。この空想的な小説は日本の原発に反対している世界の環境保護団体が起こした原発破壊行為の結果、日本の約20%に地域が危険区域として設定され、人間の立ち入り禁止区域となった。このストーリーは原発事故の東北とほぼ同じ地区に設定し、事故後ですでに人間が4世代交代した頃の状況を想定しての空想小説。その立ち入り禁止地区は7人のAIロボットが管理している。そこに突然国税庁の女性役人財護德子が一人で軽自動車に乗ってやってくる。目的は何だろうか。いろいろあるが中でも一番問題なのがどうも人口減少のため税収が激減対策のようだ。このような事故がなくても人口が減り続けているなか、この役人ロボットに税金をかけることを考えるのだ。ロボットの戸籍、IDなどどうするのか、選挙権はなどと、なかなか非現実的なところがおもしろい。ロボットにはモラルM1,M2,M3というのがあって、何が何でも人間を守ること、人間の指示に従うことなどがある。このロボットらもかなり賢くまた感情などもあるらしい。男女の区別のないロボットのボスが德子に抱きつく行為などいかにも人間らしい描写もある。原発事故後4世代も経っているので放射能に耐性を持つ変異動植物も現れたりなかなかおもしろい。
 この小説原発反対などと言うイデオロギーではなくあくまで著者の空想の世界を描いたのでたまにはこのような小説も頭のリフレッシュにいいかも。「錆びた太陽」とは壊れた原子炉のことを言っているようだ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント