日本は何故孔子学院の新設を許しているのか

孔子学院はスパイ機関であることは知っての通りである。アメリカやオーストラリアではすでに孔子学院の閉鎖が続いている。にもかかわらず日本ではいまだに新設が続いている。この問題についても対中政策はアメリカとは真逆の状況である。日本の土地が中国人や韓国人に買い漁られる状況も報道では問題視しながら政府は何ら手を打たないままである。中国の土地を日本人などの外国人は買うことができないのに何故放置しておくのか。アメリカは買うことのできない国の人には売らない法律がある。この問題も真逆である。何故日本政府は中国にこうも甘いのだろう。全く解せない。スパイ学校と分かりながら新設を許し、日本の自衛隊の近辺の土地を中国人に買われながら。安倍総理よ!これらの問題を放置して八方美人的な安倍外交では将来的に絶対に禍根を残すことになるであろう。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント