武漢コロナウイルス対策と対中国政策の見直しについて

習近平主席の国賓問題はひとまず延期された。しかし、あくまで延期であって中止ではない。適当な時期にまだ持ち上がるであろう。日本国内の武漢コロナウイルスの拡散を何とか抑えなければならないことが優先されなければならないことは当たり前のことなのに、どうみても日本政府の決断はそのようには思えない。アメリカその他の多くの国が早々に中国からの入国を禁止したのに何故オリンピックを控えた日本が同様な処置をとらないのか。ところが逆に中国のほうが先に日本からの入国を制限する処置にでてしまった。それでもまだ日本は制限しない状態が続いた。どう考えても私には理解できない。しかも国賓訪日を延期したと同時に中国と同様な制限処置を発表したのである。菅官房長官は国賓訪日延期とは関係ないと言っているが、どう考えてもおかしな話である。安倍政権は本当に国民の安全のことを第一に考えているのだろうか。矛盾しているし、整合性がない説明ではないか。
 私は安倍総理は安全保障、危機管理に関して他の誰よりも関心が高い総理だと思って支持してきた。その安倍総理本人が自己矛盾するような対中国政策を考えている筈はないと信じたい。おそらく中国好きで江沢民を尊敬している二階幹事長のごり押しに負けたのだろうと思っている。そんなことで中国を忖度して総理自らの信念をまげてまで決断を遅らせたのだろうか。理由がどうであれ最高責任者は総理なのだから幹事長を黙らせてでも本当の自分の考えを優先すべきは当然なのとである。それをやらなかった総理の責任は大きいと言わざるを得ない。
 一方、武漢ウイルスの影響でサプライチェーンが問題になっている。このことについては以前ブログにも書いたが日本のメーカーが挙って我も我もと中国にだれ込むように移行してしまった基本的にリスク管理不在であり、その時だけの利益優先したツケであるのは当然であろう。いろいろな部品をアセンブルして最終製品を仕上げる場合、このようなウイルス問題に限らず地震、火災その他諸々の事故を考慮して国内は勿論、タイ、ヴェトナム、インドネシア、インドなど2〜3カ所に分散して安定的に調達できるようにしておくのが当たり前の経営であるべきだ。またリーズナブルなコスト競争もできる筈である。
この機会に中国に頼るようなシステムからいち早く脱却すべきと考える。まずは政府が支援してでも部品製造の中小企業から脱出を計画すべきではなかろうか。日本にはレアアースを売らないと意地悪したことを忘れてはならない!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント