日本は法治国家なのか

とうとう前法務大臣の河井克行氏夫妻が逮捕された。国会議員を逮捕するからには確固たる証拠固めをした上での筈である。にもかかわらず、本人達は違法な行為はしていないと白を切り続けている。その前に黒川検事長の定年延長が問題視されながら賭け麻雀で引責辞任するなどいずれも法治国家の頂点にいる国会議員、国家公務員がこのような違法行為をしているのだから開いた口がふさがらない。法治能力に欠ける人たちがトップにいたのである。こんな人間が国民を裁くことなど矛盾も甚だしい。違法な国外脱出したカルロズゴーン氏はそれを承知の上で脱法行為をやったのかも知れない。ゴーン氏の拘留に関して外国のメディアは公然と日本の司法を批判していた。その批判に対して日本はそれほど反論するでもなく、脱出されてしまった後も何をしているのかわからない始末である。
 黒川検事長の定年延長問題にしても、河井前法務大臣に対する総理の任命責任は重大である。まして河井案里氏の選挙に自民党から1億5千万円も選挙資金が提供されていたことが分かっている。いったいこの金は何のために党が出したのか。官邸と共謀関係があったと疑われても反論できないだろう。河井議員本人ではなく安倍総理の説明を伺いたい。安部総理の初心である戦後レジームの脱却、美しい日本、憲法改正、拉致問題の解決など殆ど手が付けられていないではないか。それは何故なのか、自分自身どう反省はされているのか伺いたい。このままで残す1年余りの任期で何ができるというのか。身から出た問題の続出でどうにもならない気がしてならない。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント