文部科学省調査官は北朝鮮のスパイだった。衝撃!

今日の新聞に文科省調査官の衝撃真相というスクープ記事が紹介されていた。藤岡氏が実名をあげた調査官というのは北朝鮮スパイリストに記載されていたいう。この調査官がわざわざ歴史教科書に「従軍慰安婦」という用語を復活させたし、「正しい教科書をつくる会」の歴史教科書を葬った犯人だったという。中国のみならず日本は北朝鮮のスパイに教育されているのが現実なのだ。
 私は2020年4月29日に下記のようなブログを書いた。正に萩生田文部科学大臣は何をしているのだろうか。私でも疑問に思うことに何も感じないのだろうか。無責任にも程がある。最近の安倍総理と内閣は不真面目きわまりない。やるべきことを殆どやらず、やらなくてもよいことばかりやっている。森加計、桜、IR疑惑、検事長問題、河井法務大臣などとその挙げ句国会閉会とは任務怠慢も甚だしい。内閣総辞職すべきであろう。

2020年4月29日のブログ再録
左傾化した文科省の検定官
文科大臣は何もしないのか。
自虐史観にまみれた文科省の教科書検定官は藤岡氏の「つくる会」の教科書を抹殺するため検定で排除した。藤岡信勝氏は20年も前から戦後の自虐的な教科書を正すため「正しい歴史教科書をつくる会」を結成し活動を続け現在に至っている。堺屋太一氏、石原慎太郎氏、渡部昇一氏らが健在の頃この問題をよくテレビ対談で論議していた。その頃の文科省も一時はその方向に沿った傾向も見られたが、最近また元に戻ったようでこのグループが作成した教科書を採用させないために間違いの記述が多いと難癖をつけて検定で不許可にした。どう見ても不許可の理由の方が間違っているとしか自分には思えない。
 このことに関し、藤岡氏は調査官の偏向と不正を告発する本を上梓した。検定官の実名を挙げて告発したらしい。このような歪んだ検定官排除し、正さないでいる文科大臣は何をしているのだろうか。コロナウイルスが問題になる始めた頃さぼって国へ帰っていたし、自分の部門も管理できない萩生田大臣は怠慢としか言いようがない。
こうのように国家の根幹、将来にかかわることを偏らせてしまうのは国家公務員の大半が東大閥にあることが原因している。トップのほとんどが東大閥で占めたのでは朝日新聞の人事が韓国人に牛耳られているとと似ている。東大出でなければ出世できないようになっている国家公務員制度そのものに問題がある。
 国家公務員は東大に偏らないようにルールを決めるべきである。東大閥同士がかばい合い、隠ぺいし合うのも偏っているからだ。あらゆる大学から能力があれば起用するようにすればこのような弊害は少なくなるのではなかろうか。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント