我が家の庭の花とレンズの性能テスト

sony α7M3用のmacroレンズ、Carl Zeiss Voigtlander Apo-Lanthar 65mm F2をとうとう買ってしまった。焦点距離が65mmなので花、ポートレイト、景色など幅広く使えること、なんと言ってもF2の明るさとボケ味、色乗りの良さ、色収差が全くないなどすばらしいレンズに惚れ込んだ次第だ。唯一難点はオートフォーカスは効かないが、ピント合わせの時自動的に拡大表示されピーキングを利用できるのでそれほど苦労しない。折角惚れ込んで買ったレンズを早速試写してみたので紹介しよう。ボケ味とレンズの解像力をみるために、絞り値はすべて解放のF2で撮影した。カメラのブレ防止機能を期待して手持ち撮影。

カメラ:Sony α7M3,レンズ:Voigtlandar,Apo-Lanthar 65mm F2

th_DSC04028 1.jpg


マイケルジャクソンの絵を接写 

th_DSC04029 1.jpg


同様

th_DSC04032.jpg


もみじ葵の花

th_DSC04035 1.jpg


百日紅の近接撮影 F2のボケ味の魅力 ピントの合っているところはシャープ

th_DSC04051 1.jpg


やや離れて撮影

th_DSC04055 1.jpg


数メートル離れて空を入れて撮影 色の良さ

th_DSC04068 1.jpg


キューイフルーツ 今年は10個しかできない 柿の実も殆ど落ちてしまった 今年は雨ばかりかと思えば日照り続きの異常気象 遠くにピンク色の百日紅

th_DSC04090 1.jpg


ボケの実 例年できないのに今年は大きな実が実っている 背景はサルビアn赤

th_DSC04072 1.jpg


百日紅 

th_DSC04076 1.jpg


同上

th_DSC04081 1.jpg


近接撮影

th_DSC04087 1.jpg


同上







ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2020年09月13日 19:58
美しいお写真に魅せられました。

私は専ら小さなコンデジとスマホで撮影しているもので、一眼レフの高精細な画像を拝見すると、やはり違うなぁ…と思います。
また拝見させていただきにあがります。