日本は中国とデカップリングを本気で考えよ

米中摩擦のなか、今後日本はどうあるべきかについて、経団連の中西会長はこんなことを言っている。軍事問題は同盟国にアメリカに頼り、安全保障問題を避けながら、経済はビジネスパートナーとして巨大な人口と経済力を持つ中国とは多国間で連携をとりながら米中両国との関係を前向きに構築することが重要だという。こんな都合の良い論理が通るとは自分には思えない。かつて日本はエコノミックアニマルなどと揶揄されたことがあるが、以前とは違った次元でのスーパーエコノミックアニマルと言われそうな気がしてならない。アメリカも日本も中国が経済的に豊かになれば民主的な国になることを期待して中国に協力してきた。その揚げ句がポンペイオ国務長官が指摘したように国際法も無視し、我が物顔に覇権を狙う戦狼国と化してしまった。いくら市場が期待できるからといって、そんな考えでは習近平の餌食になりかねないのは明らかであろう。無法に尖閣諸島にヌスト猛々しく我が物顔で日本の漁船を何処かの国籍不明の漁船を排除するなどと平気で嘯く外相。そんなこと言われても、中国に気を遣ってか何も言わないで我慢する日本の外務大臣。一体日本は何をそんなに中国に遠慮しなければならないのか。習近平は陰で笑っているだろう。もうすでに日本は自分の手の内にあるとほくそ笑んでいるだろう。
 もうここらで本気で中国一辺倒を止め、サプライチェーンの分散を本気で考えないととんでもないことになること間違いなしである。少しづつでもデカップリングを本気で始めるべきだ。日本は独立国としての矜持をもち、憲法改正し、自己防衛戦力を確立し、アメリカとの軍事同盟を双務的にしなければならない。軍事面はアメリカに頼るなどと馬鹿げた考えが通るはずもない。揚げ句アメリカからも見放されてしまうことになること間違いましである。自分の国は自分で守れない国は必ず滅亡するであろう。中国に頼りすぎたら地獄になること間違いなしである。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント