原田マハ 「風神雷神」上巻

謎の絵師俵屋宗達、「風神雷神図屏風」をめぐる解釈についての原田マハの小説である。 俵屋宗達は安土桃山末期から江戸初期にかけて京都で活躍した絵師であることは間違いないが、その生涯は不明のようだ。その絵師の生涯を作家なりに想定した小説である。  俵屋宗達に私淑した尾形光琳、光琳に私淑した酒井抱一はそれぞれそ作品を模写したらしい。 マ…
コメント:0

続きを読むread more