我が家の百日紅

我が家の庭には春、秋、冬に咲く花木を植えているが今まで夏に咲く花木がないのでかねてからサルスベリが欲しいと思っていた。今年梅雨のころ、近所の植木屋さんに相談したところ、かなり大きな成木をどうだと言われ決断した。この頃は植木が売れないので、とても安くしてくれた。今までオオムラサキのあったところに、ちょっと可愛そうだけれどもどいてもらいそこに移植した。すこし時期が遅かったので今年花が咲くかどうか心配していたが、少し遅れて8月初め頃上の方から咲き始め、今は下の方まで咲き満開である。よかったよかった。サルスベリは百日紅と書く。サルスベリは咲き始めから終わるまで約3か月咲き続けるのでそのような当て字を書くのである。普通の花は咲き始めは綺麗だけれども終わりはきたなくなってしまうことが多い。サルスベリは咲き始めて終わりまで綺麗なのですばらしい。何故かと思って観察していると咲いた花弁は役目を終えるとひそかに落下次の新しいつぼみが開く。それを次々と3か月も続けるようだ。花の色は赤、白、ピンク、うすむらさきなどがあるが我が家のはピンクである。




                  サルスベリと花壇





            サルべりは木のてっぺんから咲き始める  





                  サルスベリの花弁





セミの抜け殻  我が家の庭にはあちこちからセミが地面から出てくる  でも今年は例年に比べて少ないようだ  そう言えば蚊も少ないような気がする  気候の関係だろうか





                  こんな処にも





            ここでビールを楽しみながら一休みする




" 我が家の百日紅" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント