野沢温泉スキー

冬山の天気の予想は難しい。統計によると1月前半が比較的安定しているということになっている。自分たちの都合と天気の予想を相談しながら、今年は北海道をやめて野沢温泉スキー場とし、1月16~18日を計画した。北陸新幹線のおかげで便利になったので自家用車で行くのはやめた。朝7時ごろ茅ヶ崎を出発すれば現地には午前中に着く。16日はゲレンデは雪で、しかもとてもfoggyで行く手が見えない。上ノ平でしばらく足慣らしをしたものの、やはり前が見えないというのはスキーでもっともやりにくく怖い思いをする。この日は2時間ほど滑って切り上げた。あくる17日は朝から気持ちよく晴れ絶好のスキー日和だ。天気は良いものの、息苦しく、足が上がらずまともなスキーができなかった。今までこんな経験はなかったのでいよいよ年齢的な限界かななどと思ったものの同い年の連れはいたって元気だ。天気がいいので写真を撮りながら一日を過ごした。
 野沢はいたるところに無料の温泉があり温泉巡りが楽しい。野沢は外国人にもとても人気で、日本人よりもオーストラリアなどからの外国人の方が多いくらいだ。風呂でも多民族が一緒に湯船に浸かり、楽しんでいる。相撲取りかと思うような大男が二人も入ってくるので、あなたたちが浸かるとオーバーフローしてしまうではないかなどと冗談を言ったら大笑い。北海道の富良野もいいよと宣伝したら次回は必ず行くよと言っていた。またどこかで会いましょうとバイバイ。
 あくる18日は16日と同じく朝から雪でガスって先が見えそうにないし、自分はどうも昨日の無理が原因か手がむくみ、瞼までむくみ息苦しいのでやめて帰ることにした。そんなわけで今回のスキーは1日できただけで連れの友人に大変迷惑をかけてしまった。帰ってすぐ病院、結果は風邪のため急性心不全を併発したらしい。一人だったらどうなるかとゾッとする。
 天気の良かった17日撮った写真を紹介しよう。
使用機材: Nikon 1 V2, Nikkor 10~30mm

画像


青空をバックに美しい霧氷

画像


同上

画像


太陽をバックに逆光線の雪景色

画像


ゲレンデから野沢温泉村を望む

画像


私の滑走

画像


続き

画像


続き

画像


友人の滑走

画像


続き

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック