富士山と茶畑の風景

5月は八十八夜茶摘みの時期である。富士山の姿と茶畑をテーマに写真撮影を計画していたので一番茶を摘む前の新芽の若葉色をした茶畑と残雪の富士山の姿を撮りたいと思い、9日朝8時に出発。圏央道、東名を経て富士インターチェンジで出て、10分くらいで9:30ごろ大渕笹場に着いた。駐車場からすぐのところに電柱や送風機のない綺麗な茶畑がある。背景には日本一の富士山である。今回の写真は富士山が主役ではない。主役は新芽の茶畑であって富士山はあくまで脇役である。だから使用レンズは超広角から広角レンズで茶畑を強調した。それにしても富士が雲に隠れてしまったのでは意味がない。この時間はは見えてはいるが曇り空なの空と富士山の色がイマイチ。自分が撮影を終わる頃には富士の姿は雲の中に隠れてしまった。絶好のコンディションではなかったが撮影できただけ良かったのだろう。山の天気は変わりやすいのでもっと朝早く出かけるべきだった。富士山の残雪と茶畑の新芽と晴天の時を選んでもう一度挑戦しようと思いながら、撮影を終え箱根湿生花園へ移動。ここでは今ブルーポピーが咲いている筈なので行ってみることにした。ちょうど昼になったので予め用意していたキャンプ用のガスバーナーでお湯を沸かし、冷凍乾燥非常食のご飯をこしらえ、コーヒーなど沸かして昼食、一休みし花園に入った。この時の写真を紹介しよう。
撮影機材:Sony α7M3 ILCE, SEL1635Z, SEL90mm Macro 2.8 GOSS, SEL70200GOSS

画像


大渕笹場の茶畑と富士山

画像


同じ茶畑で違う角度から撮影  16mmの超広角レンズなので富士山は小さく写っている

画像


同上

画像


ブルーポピー  この花はヒマラヤで自生しているが日本で普通は見られない

画像


同上

画像


ツツジ

画像


アイリスの一種

画像


クリンソウ

画像


赤いツツジ

画像


黄色い花を咲かせた水草  尾瀬コウホネの似ている

画像


山吹の花

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック