安倍総理の対中政策は甘い!

中国に対する日本の政策はどうあるべきか。今アメリカと中国の関係が単に貿易不均衡の問題ばかりか、技術移転の強要問題、技術盗用問題、為替問題、安全保障問題などの多岐にわたっている。貿易問題がある程度妥協したとしても根本的に政治体制の違いから発生する問題に関してはそう簡単に話し合いがつかないだろう。そんな状況下で安倍総理は中国との関係は「完全に正常な軌道に戻った」発言している。日本はアメリカにすべて追従するような政策を採るべきではないし、日本独自の政策を掲げるのは当然としても、安倍総理が言っている表現に違和感を感じてならない。日本は中国からの技術移転要請されるままに言うことを聞かされ、尖閣諸島には相変わらず侵入され、南方諸島の軍事基地化、中国国内では親日どころか反日教育を続け、日本人はハッキリしない罪で逮捕されるなど何一つ正常な軌道に戻ったなどと言えるはずもない。その上一帯一路にもにも協力するなどと総理は言っている。あくまで透明性の確保とその地域のメリットになるならとの条件付きではあるが、もしリップサービスだとしたらそんなことは言わない方がよいのではないか。こんな状況の中で習近平を国賓として迎えるという。かつて江沢民が来日した折さんざん日本の悪口を言って帰ったことをよく覚えている。韓国も中国もこの点は似たようなものだ。何も喧嘩してはならないが何もそこまで譲って一方的に中国のやりたい放題を許したのでは全く理解ができない。一方で中国に対する安全保障政策として自衛隊基地の展開などをしていながら、「完全に正常な軌道に戻った」はないだろう。このままでは中国は次第につけあがるだけではないか。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント