雲海の備中松山城

10月19日岡山市立丸の内中学校の同窓会に久しぶりに出席のため昔の故郷を訪問した。同期生はもはや83〜84歳の高齢なのでなかなか集まらない。出席者は22名だった。ただ一人95歳になられた音楽の原田先生が出席され感激だった。関東方面からは自分ともう一人の2人だけだ。関西に在住の人が1人、あとは地元在住の人だった。亡くなられた人に黙祷を捧げたのち一人ずつ近況報告などのスピーチ。年をとっても何故か15歳の頃の昔に戻った気持ちになって和気藹々の2時間を楽しく過ごすことができた。
 折角岡山まで来てこのまま帰るのはもったいないと思い、同窓会のあと備中高梁の松山城の写真を撮りたいと思い、高梁まで行きその晩はホテルに泊まり翌朝7:30のタクシーを予約し、雲海の松山城がよく見える場所に行くことにした。10月20日の朝は比較的天気はよくまあまあの雲海に浮かぶ松山城を撮ることができた。翌日は湯郷温泉で一休み、岡山に戻って後楽園側からの岡山城の写真を撮ったり、昭和29年卒業の母校の操山高校まで足をのばしたり昔を偲びながら帰宅した。

撮影機材:Sony α7M3, Zeiss2470Z, SEL70200G OSS

th_DSC02982.jpg


雲海に浮かぶ松山城 この城は鎌倉時代の1240年に築かれたもので、標高480mにある現存する城では最も高いところにある。10月にこのような雲海が現れやすいそうだ。

th_DSC02989.jpg


同じ位置からクローズアップした写真

th_DSC03002.jpg


高梁市の町の風景 ホテルからの眺め 山に囲まれた市街も10時ごろまで靄がかかっている

th_DSC02999.jpg


泊まった高梁国際ホテル 田舎のホテルにしてはなかなか立派だし綺麗に整備されている

th_DSC03011.jpg


岡山県の北東に位置する「湯郷温泉ホテル美春閣」

th_DSC03008.jpg


湯郷温泉の庭園の風景 このホテルも立派でとても綺麗

th_DSC03013.jpg


庭園風景

th_DSC03024.jpg


後楽園側からみた岡山城(烏城ともいう) 手前の川は旭川

th_DSC03027.jpg


どこも外国人客が多い 時間の関係で自分は中には入らなかった

th_DSC03028.jpg


出身校の操山高校 かっては高校だけだったが今は中学校との一貫校になっていた


 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント