原田マハ 「いちまいの絵」

アート小説作家として人気を誇る原田マハが自分の作家人生に強い影響を与えた絵画、あるいは美術史の中で大きな転換となったルネッサンス後の絵画そして後世の芸術家たちに影響を与えた革新的な絵画などの中から26枚を選んで画家の思い、メッセージ、愛や苦悩などを著者の視点で解説しながら綴った小説である。
 自分は海外旅行の折、オルセー美術館、ウフツティー美術館、プラド美術館などできる限り美術館を訪れた経験はあるが、時間の関係と自分の能力不足もあり、ただぼんやりと眺めただけの気がしてならない。訪問する前にこのような本を読んでおればと悔やまれてならない。

"原田マハ 「いちまいの絵」" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント