柚月裕子「検事の信義」

任官5年目の検事・佐方貞人は、認知症だった母親を殺害して逮捕された息子・昌平の裁判を担当することになった。昌平は介護疲れから犯行に及んだと自供、事件は解決するかに見えた。しかし佐方は、遺体発見から逮捕まで「空白の2時間」があることに疑問を抱く。普通は検察の調査報告通りの論告によって裁判が行われるのが通例である。ところが新米とも言えるまだ5年目の検事は検察に逆らってまで自分が納得するまで調査し直すことを決意し上司に進言する。やる以上は徹底的やれと許可をうる。その結果は・・・・・。ところでこの主人公の検事の名前が私の名前と全く同じ「貞人」なのだ。名前はその人の性格を支配するとも言われるが、なんだか自分とよく似ているなと思いながら読んだ

"柚月裕子「検事の信義」" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント