テーマ:読書感想、政治問題

石原莞爾「世界最終戦争」を読んで

 石原莞爾はもし自分が東条英機に替わって指揮していたら日本は負けなかったと豪語している。満州国をつくったあと東条英機と意見が合わず左遷されてしまった。連合軍による東京裁判から除外されたために戦犯として裁かれることはなかった。誰しも何故かと不思議に思うだろう。酒田臨時法廷で石原は連合軍の判事、検事らを相手に一歩も引かず堂々たる論陣を張り彼…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more